男性が妊活する際のタバコの影響

一つの生命を誕生させることはとても素晴らしいです。
その命を誕生させるには多くの準備がいります。
男性は一回の射精で1億以上の精子を出します。
その中で卵子に結びつくまで生き残れたら受精して妊娠します。
妊活においてタバコを気にする方も多いです。
ニコチンで血流が悪くなるので勃起不全になる方が多くいます。
血液をしっかり運ぶ事で勃起します。
血管を収縮してしまうことが原因で血流が悪くなるので勃起する際に血液が上手く運び込まれないのです。
また、タバコは精子が劣化します。
タールは化学物質で体内に入ると活性酸素を生み出すので体は酸化します。
その影響でDNAを損傷してしまします。
活性酸素はDNAを傷つけたり、それ以外にも細胞を変異させたり死滅させたりします。
喫煙をすると妊娠しないということではないのですがこれ以外にも多くのリスクがあります。
奥様や産まれてくる赤ちゃんに影響します。
喫煙していなくても受動喫煙によって女性の体内にも関わってきます。
受動喫煙は本人が喫煙しているのと同じかそれ以上の影響があり禁煙を心掛ける男性が多くいます。
女性の体内に入ると卵子を老化させたり排卵に影響します。
血流の流れが悪くなり活性酸素が排出されると多くの問題が出てくるということです。
そして産まれてくる赤ちゃんにも影響します。
喫煙者の子供が非喫煙者の子供に比べて低体重で産まれてくることはデータで明らかになっています。
タバコは不妊のリスクになるので夫婦でお互いに寄り添いながら問題を解決していくことが大切になります。